BLOG

ブログ

【第二章】ビジネスのスタート

インターネットで「稼ぐ」と検索すると、
出てくるのは、アフィリエイトや投資、物販ビジネスでした。

そのうちアフィリエイトやバイナリーオプションなどには手を出しましたが、
どれも「自分が稼げるイメージ」が一切できず、意欲も湧いてきませんでした。

そして最終的に、物販ビジネスにたどり着きました。

 

とはいっても何をすればいいのかもわからない状態。
とりあえず家にある物をオークションで販売してみようと思い、
家を探したところ、3DSが出てきました。

元カノと買いに行った、思い出の品です。
思いきって、出品してみることにしました。

 

新品で15000円くらいの商品で、1年くらい使用していた傷のある中古品です。
僕の当初の予想は1万円もいかないだろう、という程度でした。

が、何と! 
それが22000円で落札されたのです!!
「え!?なんで!?」僕は驚きました。

 

その理由は、その3DSがすでに生産終了されていて、
希少価値が高かったからでした。

この時、僕は確信しました。
「オークションを極めれば、生活できるくらいのお金を稼げる!」
あとはもう突き進むだけです。

現実に、僕は何度も挫折や失敗を繰り返しながら、わずか半年後には、
月100万円の利益を出せるようにまでなりました。

 

もしあなたが、まず何から始めようか。。
そう悩んでいる場合は、不用品の販売からスタートしましょう。

自宅にあるいらない物をメルカリやヤフオクなどで
販売してみてください。それだけでもかなりビジネスの資金が作れます。

何事も基礎からのスタートです。
物販の基礎づくりとして不用品販売が特におすすめです。

8人の仲間と共に修行の日々を

月収100万円とはいっても、それは僕1人だけで稼いだわけではありません。
オークションを活用した物販ビジネスを知った頃に出会った
8人の仲間と一緒に働いたからこその結果です。

年齢も性別もばらばらながら、ある繋がりから出会った僕らは、
共同の事務所で一心不乱に物販ビジネスに取り組みました。

それぞれが独立した個人事業主という形ではありましたが、
仕入れた商品や販売した商品など、全ての情報を共有し、
1つの共同体となって働いたのです。

 

1日の終わりは必ずみんなで意見交換をする時間がありました。

僕「今日さーキャンプ用品で1万円も利益でるものあったよ!」

仲間A「え?どんな商品か教えて!」

僕「コールマンのランタンでさ!○○って型番なんだけどリサーチしてみて!」

仲間A「俺は今日、空気清浄機で失敗があってさ、
仕入れた商品のフィルターが真っ黒で、、売り物にならないよ。」

仲間B「それってフィルターだけでも安くで買えるよ!」

仲間A「まじで!?買ってみるわ!」

こんな会話を毎日、毎日繰り返しているうちに、

 

その結果、
半年後には全員が50万円以上の利益を出せるようになりました。

これもまた貴重な経験です。

今でもその環境には感謝していますし、
またその環境が無ければ、今の僕はなかったでしょう。

現在はたくさんの生徒さんを抱える教育事業をしていますが、
そこでも必ず伝えることは、「“横の繋がり”を大切にしよう」ということ。

 

もし僕がたった1人だったら、
100万円を稼ぎ出すという結果を出すことは不可能でした。

8人分の経験が自分の身に結実したからこそ、
その結果に繋がったんだと思います。

そして、開始9ヶ月目。
とうとう利益が200万円に届き、僕はそのタイミングで
会社を興す決意を固めました!

 

ずっと憧れていた社長になる日が来たのです。

実感した現実の厳しさ

栄えある会社名は「JPARCS」。

「日本から世界へ孤を描く」
「いつか世界中と取引ができるような会社にしたい」

という意味が込められています

かなりの見切り発車ではありましたが、
2015年3月に無事法人として設立できました。

 

しかし、現実はそう上手くいきません。
儲かっているからと勢いだけで法人化したのが仇となりました。

社員への給料や事務所の固定費など、予想以上の出費の嵐。

挙句利益はほとんど残らず、このままでは
6月くらいで倒産してしまうかも、という状態にまで追い込まれてしまいました。

 

考えがあまりにも浅はか過ぎたのでしょう。
まさか会社を設立してすぐ倒産の危機に陥るなんて、
思ってもいませんでした。

「稼いでいればなんとかなるだろう……」

そんな経営者としては失格な考え方で物事を進めたツケでしょうか。
僕はこのとき、かなりの窮地に立っていました。

救世主・メンターあらわる!

軽い気持ちで起業してみたら、待っていたのはトラブルばかり。
もう気が滅入って仕方ない毎日でした。

でもそんな時に助けてくれたのが、メンター。
まさしく「指導者」の方です。

 

ある日、どう考えても事業がうまく進んでいないと気づいた僕は、
完全に精神的に参ってしまっていました。

それは、毎日メンターに送っていた日報に現れていたのか、
突然メッセージがきて、難波パークスの前にあるカフェに誘ってくれました。

情けない状態を見せたくないと、悩んでいた僕ですが、
満面の笑顔で、僕の事を迎えてくれて
「なんかトラブルでもあったの?」って聞いてくれたのです。

 

そして、たった30分間、話をさせてもらっただけで、
ずっと悩んでいた僕の目に、問題解決の道筋が綺麗な一本道として
見えるのがわかったんです。

その後、倒産の危機は回避でき、
むしろ会社は右肩上がりに成長していきました。

指導してくれる人のとんでもない偉大さ、重要さを学んだ時間でした。

 

今では業界トップの方から直接ビジネスを学ばせていただいていますが、
やはり自分の頭で考えても、答えがでない事はたくさんあります。

それを解決する方法は簡単です。
「すでに経験している方に相談すること」それに尽きます。

 

そして僕は思いました。
僕自身も、かつての僕のような人々を助けたい。 

そして、自身の経験から培ったその手法を
「これから起業を目指す方」へ教える側へ回ることにしました。

まずは初心者の人でも取り組めるようにした、
ノウハウを構築していこう!

 

そして作り上げたのが国内転売ビジネスという手法です。

これは僕自身が実践してきたノウハウを
さらに初心者の人でも取り組める様に噛み砕いて体系化した手法です。

第一章でもお伝えした200名以上の実績者達は、
みんなこの手法に取り組んで人生を変えてきました。

 

第三章では、具体的な手法について
解説していきたいと思います。

第三章へ続く・・・

⇒ 【第三章】転売ビジネスでの成功