menu

広田光輝ブログ

ズラス手法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
49321140

先日まで募集をしていた、
ノーストレス転売セミナーですが、
たくさんの方に参加していただきました!


まだ日程は残っていますので、
もし日程の調整ができそう!
という方はこちらよりお申し込みください!


⇒ http://smail.omee1.com/l/02AAED/ZxOgy3Fx/


このセミナーでは、
今までの国内転売プレイヤーが絶対に見落としていた
最強のジャンルを狙った転売を教えています。


初心者の方には、いまいち想像し難いかも知れませんが、
転売ビジネスというのは、常にライバルとの戦いです。


店舗せどりでも電脳せどりでも
日本中何千人という方がせどりをしています。


僕が知っているだけでも、
200人くらいは同じ市場で30万以上の利益を
出している人がいます。


だからこそ、
これから始める人は「飽和」について
悩むかと思います。


それだけたくさんの人が実践して、
後発組の自分が稼げるのか・・・


まあこの意見に関しては、
論破しようと思えばいくらでもできますが、
そう思って当然です。


何事も疑いから入っていくことは、
失敗しないために重要なことです。


しかし、今回のセミナーでは
そんなライバルがまったくいない市場で戦いましょう。
そのためには、ある部分を狙っていく。


といった内容をお話しています。


どういった事かとお話していくと、
ほとんどの人は、店舗やネットでリサーチをする場合


現行で販売されている商品をリサーチします。
アマゾンで売られている物と仕入れ先で価格差が無いのか??


これが一般的に従来型の転売ビジネスです。


今回、僕が目をつけたのは、
少し違ったところです。


そもそも転売で儲かる商品は、
基本的に型落ちや古い商品です。


慣れてくれば中古品を狙うのも
かなり利益率を上げるために有効です。


もう一度言います。
型落ち品や古い商品を狙うのが
転売ビジネスです。


しかし、ほとんどの転売プレイヤーは
このポイントを見落としています。


型落ちや古い商品が儲かるということは
わかっているにも関わらず、現行のランキング上位や
需要の高い商品ばかり安くで買おうとします。


そしてライバルが多い市場に
自分から入っていっては、
「稼げない・・・飽和だ・・」と言っています。汗


では、もっとピンポイントに
転売ビジネスに適した商品を探す方法は?


それが、、、




「アマゾンに在庫の無い商品を狙う転売です」


現在、アマゾンにはたくさんの商品が販売されています。


その反面、たくさんの在庫切れ商品が
アマゾンにはあります。


ざっとしたイメージですが、
現行の販売商品よりも、
在庫切れ商品の方が約3~5倍くらいの数です。


転売は少し古い方の商品を狙うのです。
それなら現在在庫がない商品を狙っていく方が
ライバルもいないし、価格競争なんて起きません。


転売ビジネスはアイデア一つで
大きく稼げるか稼げないかが変わってきます。


明日のメルマガでは、
もう少し具体的にこのお話をしていきます。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
興味がある!!
という方は、セミナーで学んで下さいね!

この手法の凄さは、
実践した人にだけわかります。

⇒ http://smail.omee1.com/l/02AAED/0H0ohhY8/

関連記事

  1. fb

    Facebookページを作成しました!

  2. 56468379

    自分で商品の製造って憧れませんか?

  3. news_ag_151020

    目指す人の道を進む方が遠回りにならない話

  4. IMG_1930

    外注化のまとめ

  5. CIMG1560

    なぜ自分の枠内で考えてしまうのか?

  6. _DSC5314

    難しく考えたら、どんどん迷宮入りしていまう

おすすめ記事

  1. 0から学ぶ転売ビジネス そもそも転売とは ここを明確にしよう!
  2. 国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!
  3. 人の魅力についての話
card

プロフィール

ppp

1992年生まれ 大阪出身

約1年のノウハウコレクターから国内転売を開始。
初月から38万の利益を達成する。

半年後には100万の利益を達成する。
そこから教育事業に展開して、
2015年12月に月収500万を達成。

現在は、4年間の経験で構築してきたノウハウや
考え方を200名以上の生徒に教育をしている。
さらに、自分自身でもアフィリエイト、輸入など、
インターネットを利用したビジネスで大きく展開

座右の銘は、
「できる理由を考える」

続きはこちら
友だち追加数
a
ページ上部へ戻る