menu

広田光輝ブログ

モチベーションが上がらない時こそ、細分化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンロード (2)

昨日の記事で書いた「物販ビジネスを仕組み化していく時は「箱」で考える」

とても反応が良かったです。

 

特に物販ビジネスで稼げ始めた時に悩むことが、時間的限界です。

自分一人のちからでこなせる作業量には、限界があります。

 

だからこそ、さらに事業を大きくしていきたいと思う場合、

"誰か"に助けてもらって、さらに規模を大きくしていく必要があります。

 

その際に、前回の記事で書いた「箱で考える仕組み化」については、

参考になるのではないかと思います。

 

 

今日は、その延長線上の話で、「モチベーション」について少し書いていこうと思います。

 

モ。モチベーションが上がらない・・・

 

僕もたくさんの教え子を抱えているので、いつもこの悩みと戦っている人と連絡をとります。

・どうしてもプライベートが忙しくて作業ができない・・・

・家族が応援してくれないから、集中できない・・・

・帰宅したら疲れていて、パソコンに向き合うことができない・・・

 

本当にこういったビジネス以外の外的要因が問題で中々動けていない人って多いです。

だからといって、いつまでも"やらない理由"を言い続けていても、人生は100%変わりません。

 

僕は、教育者として「どうすればモチベーションを上げてあげれるのか?」と考えました。

 

そこで見つけた幾つかの方法を解説していきたいと思います。

 

 

①わくわくが足らない

ビジネスというのは、自分の人生を今よりもより良くしてくれる手段です。

お金を稼ぐというのは目的ではありません。

 

例えば、僕は海外が好きで世界中を旅したいというありふれた目的の元、

その手段としてビジネスを頑張ってきました。

 

しかし、僕の中で「世界一周」に行くということは、本当に人生において大切なことで

心の底からわくわくすることです。

 

それが、自分の原動力になるんです。

 

なぜなら、ビジネスをしていると大変な時も、全然寝れない時もあります。

しかしそこで投げ出す=夢を諦める事と同じです。

 

その時点で生きていても何の意味もないんです。

 

もう一度言いますが、ビジネスは手段です。

自分と自分が大切な人を救ってあげる為の選択肢でしかありません。

 

もしモチベーションというものに自分の原動力が左右されてしまうという方は、

心の底から死ぬまでに達成したい"わくわく"を考えてみてください。

 

それでも動かないということは、それはただの理想だということです。。。

 

 

②逆に恐怖が足りない

わくわくの反対は「不安や恐怖」です。

 

理想だけでは人は100%のちからで動くことってできません。

しかし、恐怖というのは嫌でも人を動かします。

 

例えば、道を歩いていて後ろから包丁を持った殺人鬼が追いかけてきたら

走って逃げますよね???

 

よっぽど体育会系で包丁なんか怖くないぞ!って方じゃない限り逃げるはずです笑

 

モチベーションが上がらずに作業に身が入らない人は、この恐怖が少なすぎるんです。

僕の経験上ですが、今までお金に困らずに生きてきた人や、辛い生活をしていない人は

ビジネスで結果を出す人が圧倒的に少ないです。

 

 

それよりも、昔は本当に貧乏でお金がない生活をしていた。

今の生活が本当に大変で、なんとしてでも脱却したい。

 

こういった状況の人ほど、結果を出します。

 

 

単純にこれは恐怖レベルの問題です。

 

 

「今すぐにやらなければ、本当にやばい・・・」そんな感じです。

 

 

だって、ネットビジネスで稼げる事はみんな知ってるんです。

何百人の方が、ネットビジネスで人生を変えています。

ノウハウもたくさん公開されています。

 

 

それくらい稼ぎやすい環境で、そもそもモチベーションが◯◯とか

言っている時点で、今の自分に対する恐怖が少ないということです。

 

ちなみに僕は常に5年後の自分と比較しています。

5年が経った後に、今の自分に対して褒めてくれるだろうか???

 

それとも、5年後の生活は本当に苦しくて、その状態にした5年前の自分(今の自分)に

ものすごく怒るのではないか??

 

今の自分が自分の人生に責任を持てていれば、100%5年後の自分は褒めてくれます。

将来の自分が楽な生活をするか、辛い日々を送るかは、周りの人ではなくて

今の自分自身がどれだけ頑張れるかによって決まります。

 

 

③そもそもやらなければいけない事が見えていない

最後はタイトルに書いた「モチベーションが上がらない時こそ、細分化!」という話です。

 

何か新しいことを始めた時って、何から手を付ければいいのかわかりません。

どのポイントから学ぶことが利益に直結するのか。

 

もしかしたら自分は間違った努力の方向性に動いているのではないか??

 

そういった悩みから中々行動に変わらない人が多いです。

 

 

僕は必ず新しいことを始めるときは、「計画作り」から始めます。

1,いつまでにどの状態になっていたいのか

2,その状態になっている時には、具体的に数字でどういった状態なのか

3,その数字を達成するためには、何が必要なのか

4,その必要なものはどうすれば身につけれるのか

 

ざっくりと説明すれば、こんな感じの流れです。

 

転売ビジネスで解説すると、

1,利益50万円

2,仕入れ金額150~200万/月

3,約400万のクレジット枠と月に200万仕入れる為のリサーチ方法

4,枠を作る為にカード申請、足らない場合は誰かを頼るなど。

4,毎月200万仕入れができるために、できている人から学ぶ

 

すごいざっくりした説明ですが、こんな感じがイメージしやすいです。

 

さらにのところで誰かから学ぶ場合は、さらに細分化していきます。

 

200万仕入れるということは、1日~15日までに100万で16日~月末までに100万円

1日計算すると、約7万円の仕入れをすればいい。

 

1日の作業時間は4時間あるから、1時間に約2万円の仕入れをすればいい。

 

30分以内に1万円の商品を仕入れすればいいだけ。

 

 

ここまで見えたからこそ、30分で1万円の商品を1個仕入れができるノウハウを

学ぼう!となるんです。

 

 

面白いと思いませんか!?

 

 

全てこういった考え方で、学ぶ姿勢を持てば

もちろん全てが簡単に行くという訳ではありませんが、

具体的なPDCAサイクルを回しやすくなり、改善点がより明確になります。

 

ここまで見えていれば、今自分がなにをしなければいけないか?

これが明確になります。

 

ということは、モチベーションが下がっていても

そのやるべきことをダラダラしながらでもやるだけなので、

ロボットになればいいだけです。

 

是非ともこの3つの考え方を参考に、モチベーションを上げてもらえればと思います!

 

と、書いている自分も最近は見えていないので

しっかりと自分と向き合う時間作らないと!!

 

では!

 

関連記事

  1. ダウンロード (2)

    転売からの発展は3つある!

  2. IMG_4033

    広田スクール忘年会

  3. images

    自分が絶対に嫌だと思うことに挑戦する気持ち

  4. 20160407092444

    国内転売で稼ぐ人なんて山の様に存在します。

  5. news_ag_151020

    目指す人の道を進む方が遠回りにならない話

  6. %e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

    11月の生徒実績がYABAIです。

おすすめ記事

  1. 0から学ぶ転売ビジネス そもそも転売とは ここを明確にしよう!
  2. 国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!
  3. 人の魅力についての話
card

プロフィール

ppp

1992年生まれ 大阪出身

約1年のノウハウコレクターから国内転売を開始。
初月から38万の利益を達成する。

半年後には100万の利益を達成する。
そこから教育事業に展開して、
2015年12月に月収500万を達成。

現在は、4年間の経験で構築してきたノウハウや
考え方を200名以上の生徒に教育をしている。
さらに、自分自身でもアフィリエイト、輸入など、
インターネットを利用したビジネスで大きく展開

座右の銘は、
「できる理由を考える」

続きはこちら
友だち追加数
a
ページ上部へ戻る