menu

広田光輝ブログ

物販ビジネスを仕組み化していく時は「箱」で考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
xcxc

最近は、ほとんど自分で物販に携わることがなくなってきました。

 

仕入れはほぼ100%外注さんからの仕入れで回すこともできるようになり、

さらに資金が増えてきたので、業者さんからの直接仕入れでさらに楽になってきています。

 

元々国内転売は利益200万くらいを「手付かず」で出し続けることをイメージしてやってきたので、

夏の終わり頃には、最低200万というところが見えてきました。

 

一時は売上が少し下がった時期もあったので、なんとかいい感じで物販が伸びていく

道筋も出来上がってきた感じです。

 

さらに、来月にはかなり大きな融資も受けれそうなので

新しいスタッフが見つかり次第、国内・輸入をもう少し大きくしていこうと思います。

 

んーー本当にビジネスって面白いです。

かれこれ気がつけば4年の歳月が経過しましたが、最近は今までのビジネス生活で

本当に一番楽しいと感じますし、一番寝れないくらい忙しいと思います。

 

こうやって日々、規模が大きくなっているのも、

周りにある高すぎる基準値の環境だと思っています。

 

まだまだやることはたくさん溜まっているので、

今年は止まること無く突き進んでやります!

 

箱で考える仕組み化

 

最近は、優秀なスタッフと共にほぼ毎日会議をしています。

 

「どうすれば、スタッフの手をさらにあけることができるのか?」

 

僕の会社は結構ブラック企業なので、夜中まで作業をすることはよくあります。

僕もスタッフも若さが取り柄で、まだまだ体力があるので、遅い時間までの仕事も耐えることができますが、

常にタスクに追われている状態だと、どうしても新しいことを作る為の時間を捻出できません。

 

 

だからこそ、僕だけでなくスタッフの手も普段から空いている状態を作るためにどうすればいいのかを

相談しているんですが、昨日の会議で面白い例え話を思いつきました。

 

 

たとえば、リサーチ作業を外注さんにまかせていくと考えるときに、

あれもこれもよ色々な作業がごっちゃになって考えてしまうと、大切なポイントを見過ごしていたり

単純な小さいミスが発生してしまいます。

 

 

そうならないために、今国内転売の中にある作業を

さらに4つの箱として考えようという話をしました。

 

例えば、商品を仕入れるという1つの枠の中で、

今現在何パターンの仕入れ方法があるのかを細分化してみました。

 

するとちょうど4つの大きな箱が出来上がったので、

この4つを全て別物だと考えて、それぞれに利益目標と仕入れ目標を設定しました。

 

そうすることによって、それぞれの箱にそれぞれの計画を作成することができたので、

改善するべき点と、テストとして試行錯誤していく点などを箱ごとに明確化したんです。

 

 

すると、今まで大枠で考えていた"仕入れ"というところが

明らかに今までよりも何倍も簡単だね!という答えに行き着いたんです。

 

 

その考えのおかげで数カ月後には、スタッフの手も完全にあけれるイメージが整いました。

 

 

この考え方をさらに細かくしていくことで、

外注さんへお願いする指示についてもより改善できた内容になりそうなので、

今月からの変化が楽しみです!

 

明日は1日銀行や役所周りです。。。

明後日からは10日間連続出張があるので、

とにかく頑張ります!笑

関連記事

  1. ダウンロード

    東京出張最終日です!

  2. i320 (1)

    昨日からセミナーが開始しました!

  3. キャプチャ

    国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!

  4. bookoff_image02

    BOOKOFFせどりが終了のお知らせ。深刻な客離れ

  5. WS000775

    ヤフーオークションで1円でも高く落札してもらう方法!

  6. ダウンロード

    店舗仕入れの結果!

おすすめ記事

  1. 0から学ぶ転売ビジネス そもそも転売とは ここを明確にしよう!
  2. 国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!
  3. 人の魅力についての話
card

プロフィール

ppp

1992年生まれ 大阪出身

約1年のノウハウコレクターから国内転売を開始。
初月から38万の利益を達成する。

半年後には100万の利益を達成する。
そこから教育事業に展開して、
2015年12月に月収500万を達成。

現在は、4年間の経験で構築してきたノウハウや
考え方を200名以上の生徒に教育をしている。
さらに、自分自身でもアフィリエイト、輸入など、
インターネットを利用したビジネスで大きく展開

座右の銘は、
「できる理由を考える」

続きはこちら
友だち追加数
a
ページ上部へ戻る