menu

広田光輝ブログ

目指す人の道を進む方が遠回りにならない話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
news_ag_151020

 

昨日は、社員と焼肉に行ってきました。

いつも社員とは今後の方向性や現状の還元案などを話しているんですが、

僕の社員は少し変わっていて、今年齢は26歳なんですが、

16歳くらいからネットビジネスをしていて、ノウハウや情報の塊みたいな人です。

 

 

いつも有在庫の物販に対して、ぶーぶー言ってくるんですが、

僕は口だけじゃなくてまず実績上げろよ。と言い続けています笑

 

 

そんなおかげか、先月は彼だけで月に100万以上の利益を作ってくれました。

外注さんの作業から上がる利益も含めれば、物販は手を付けずに毎月150万は利益が上がるようになりました。

 

去年までは、ずっと自分自身で作業をやり続けて、170万の利益を達成したくらいで、

一気に疲れてしまって、これってネットビジネスというよりはただの仕事じゃないか!的な。。。

 

 

だからこそ、去年の夏頃からはずっと手を空けて稼げる仕組みを作るために

考えてきました。だからこそ今はアフィリエイトの勉強やマーケティングの仕事をすることが

少しずつできるようになってきました。

 

 

僕の中でも常にビジネスの方向性は変わってきています。

FMCに参加したことで、小玉さんと出会い、シンプルにこの人の様になりたいなーと思って

それからは目指す人の道を辿るための行動をしています。

 

 

今年はまだまだ構築の年ですが、来年は大きく事業内容も変わるのかなーと思います。

 

 

これこそがゴールデンルールですね。

 

 

今でも覚えていますが、昔大好きだった彼女と買いに行った3DSを

使ったことも無いヤフーオークションで販売して、中古なのに新品よりも高い値段で売れて、

「これはやばい!」と可能性を感じたネットビジネスで、

 

まずはとにかくがむしゃらに転売をやり続けて、

海外に言っても、現地で出品登録をずっとやっていました。

 

 

帰国してからは、うまくいかない期間が長く続きましたが、

国内転売と出会って、初月から38万稼げて、さらに可能性を感じて、

半年後には100万利益を達成した時に、

「あー自分はこの業界でまずは高みを目指せる!」

 

 

その世界を見てから次のステップに進める!と思ったんですね-

 

 

そして今はスクール運営という誰かを育てる仕事ができるようになり、

さらに自分の教え子だった人と一緒に事業ができるようにもなりました。

 

 

まだまだ変化は止まらないですね!

 

 

もしかすると物販という自分の根本的な基礎のビジネスですら、辞めるタイミングが来るかもしれませんが、

今は、まだまだ物販が楽しいです笑

 

 

とにかく自分のビジネススタンスは常にTTPです。

 

自分が目指す先にいる人の道をただ真似していくだけ。

徹底的にパクるです。

 

 

何事もできないことをやるときに、自分の考えなんていれているだけ時間の無駄だと

この年齢で気づくことができてよかったと思います。

 

 

LINE@を作成しました^^

ぜひ友達追加してください★

友だち追加数

 

 

では!

関連記事

  1. middle_820133_3

    年末商戦って知っていますか?

  2. 6月18日 東京スクセミ_4618

    スクール生限定大阪セミナー

  3. wpid-e952507aea940cf832569744764a7a9f

    電脳仕入れはヤフオクだけじゃない!

  4. ダウンロード (3)

    全ての事に感謝、そして繋がり

  5. 20160305041219

    あるスクール生限定セミナーに潜入中

  6. ミーティング

    せどりで最速で利益を上げる方法は”稼ぐこと”ではない?

おすすめ記事

  1. 0から学ぶ転売ビジネス そもそも転売とは ここを明確にしよう!
  2. 国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!
  3. 人の魅力についての話
card

プロフィール

ppp

1992年生まれ 大阪出身

約1年のノウハウコレクターから国内転売を開始。
初月から38万の利益を達成する。

半年後には100万の利益を達成する。
そこから教育事業に展開して、
2015年12月に月収500万を達成。

現在は、4年間の経験で構築してきたノウハウや
考え方を200名以上の生徒に教育をしている。
さらに、自分自身でもアフィリエイト、輸入など、
インターネットを利用したビジネスで大きく展開

座右の銘は、
「できる理由を考える」

続きはこちら
友だち追加数
a
ページ上部へ戻る