menu

広田光輝ブログ

もやもやしていて動けないin 名古屋スクールセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンロード

こんにちは広田です!

 

今日はお昼から名古屋へ移動して、スクール生向けのセミナーをしてきました。

参加者の方はほとんどが初心者で、中には副業で月に200万以上稼いでいる化物もいましたが、

いい時間になりました。

 

 

内容は、リサーチ力強化セミナーということで、

まず0から10稼ぐために必要なリサーチノウハウ。

そして10から50にあげるための考え方など、かなり濃く本質的な話をしたので、

この内容をどれだけ落とし込んでくれたかは、楽しみです。

 

そんな1日の中で、ある悩める女性の方が1名。

「色々と悩みすぎていて、どれも手付かずで行動ができていないんです。。。」

 

その気持ちはすごくわかります。

僕も駆け出しの頃は、やりたいことがたくさんあって、

どれをやっても結果はついてこないし、これが本当に自分がしたいことなのかな?と

自問自答し始めたら、手が止まってしまっている状態。

 

 

その方も、本業と副業と結婚と色々な選択肢の中で、

これから進むべき方向性が見えていない感じでした。

 

もやもやして進めない時こそ◯◯をする

 

しかし、だからといって悩み続けていては何も始まりません。

悩みの種を理解して、そこを解決していく行動に移らなければ

いつまでも同じ状態で時間だけが過ぎてしまう。

 

だからこそ、まずはじめにやることは

誰かに相談することです。

相談する人は、友達や家族ではなくて、

自分よりも上のステージにいる人。

 

そういった人に相談することで、もしかすると自分が今悩んでいる感じと

同じ経験をしてきたかもしれません。

その経験に基づいたアドバイスがもらえるので、より解決に近づく可能性があります。

 

次に、自分との会話です。

何かこれからの方向性を決めるときは、僕は必ず自分の本質と向き合います。

・自分がどうなりたくて?

・何がしたくて何を選び

・どんなときに楽しいと感じ

・どんな事がしたくないことなのか

 

ここにはすごく時間を使います。

そして本質と向き合って「GO」が出れば、あとは突き進みます。

周りはなんにも考えずにとにかく走る!

 

最終的には「行動」するということになります。

 

 

しかし、そこが簡単そうで一番難しいことなんです。

人は重たい腰を上げるまでに一番エネルギーを使い、

一度進んでしまえば、何でこれくらいの事に悩んでいたんだろう。。。となるもんだと思います。

 

 

なので、ビジネスの世界で考えると、

あれやこれやと悩み続ける人程稼ぐ人は少ないと感じます。

 

僕の教え子の中でも、利益率がなんたらかんたら~という人ほど稼げずに

初速を上げて突き進める人程、初月から10万、そして30万と稼いでいきます。

 

考えることも大切ですが、0から1はとにかく動くだけでいいと思います。

初速思考は本当に大切です。

 

 

さて、明日は大阪でセミナーなので今日はそろそろ帰ります!

では。

 

関連記事

  1. 7cdcfae412131373e1787883c6dd2711

    どうして結果も出てない時に目移りしてしまう!激怒

  2. tm_JZ028_72A

    コンサル生勉強会 in東京

  3. 140723mugendai-thumb-640x375-77809

    集中力を鍛える方法

  4. ダウンロード (3)

    全ての事に感謝、そして繋がり

  5. 13962756_886269978171473_8707760999401643763_n

    時代の逆を狙う転売

  6. 1966084_611667992251985_2788903289528587495_o

    ブログ作成

おすすめ記事

  1. 0から学ぶ転売ビジネス そもそも転売とは ここを明確にしよう!
  2. 国内転売灼熱対談公開!100%10万円以上稼げる内容です!
  3. 人の魅力についての話
card

プロフィール

ppp

1992年生まれ 大阪出身

約1年のノウハウコレクターから国内転売を開始。
初月から38万の利益を達成する。

半年後には100万の利益を達成する。
そこから教育事業に展開して、
2015年12月に月収500万を達成。

現在は、4年間の経験で構築してきたノウハウや
考え方を200名以上の生徒に教育をしている。
さらに、自分自身でもアフィリエイト、輸入など、
インターネットを利用したビジネスで大きく展開

座右の銘は、
「できる理由を考える」

続きはこちら
友だち追加数
a
ページ上部へ戻る